プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今週も週間相場分析をやっていきます。
株や原油などには動きがありますね。

週間相場分析!:https://youtu.be/wAmXuUiLqdM
今週も週間FXをやっていきます。
少しレンジ圏での動きが意識されるのでしょうか?

週間相場分析!:https://youtu.be/f0H5AgjgQ_g
米中貿易摩擦に対する警戒感が強まっています。これに関しては最終的な落としどころが見えにくいので対応しにくいのですが、現状においてはとりあえずリスク回避的な動きが意識されているといった展開です。特にここまでしっかりとした動きを続けていたダウなどは下げ幅を拡大しているといった状況です。

今回の貿易摩擦に関しては心理戦のところもあり、トランプ大統領がかなり仕掛けているといった印象を受けます。このブログで「ドアインザフェイス」について話したかどうか、ちょっと忘れてしまいましたが、このあたりの考えを用いているといった感じです。それに加え、大国としても力を背景に対応しているので相手としては厄介といえば厄介です。

とはいえ、相手も大国中国であり、それを突っぱねる力を得てきていることも事実です。経営者としてトランプ大統領は有能かもしれませんが、相手が中国という大国であることを考えると、失敗した場合のリスクは大きすぎるようにも感じます。とはいえ、引き際を見失っているようにも見えるのですが、実際問題としてここからどういった動きを見せるのかは注目であり、懸念であります。
今週も週間FXをやっていきます。
再びドル買いの勢いが強まっていますが、そこまで強気でもなさそうです。

週間相場分析!:https://youtu.be/H9pqg_ZSY4c

FOMCと貿易摩擦

昨日のNY市場はFOMCにおいて年内の利上げに対するタカ派的な発表により米国債利回りが上昇、そしてドルも上昇といった動きが見られ、その後は米国が中国に対して関税の準備をしているといった報道がなされたことで、急激なリスク回避的な動き、そしてドル円も下落するといった動きがみられました。やや荒っぽい動きではありましたが、とりあえずドル円などは110円台を維持できるかどうかがポイントとなりそうです。

ダウに関しては引けにかけて下げ幅を拡大したわけですが、FOMCでも米経済に対する強気の見方は維持されています。維持されているどころか、さらに強まっているといったところとなっています。だからこその利上げ見通しの上方修正なわけです。それに伴いドルもしばらくはしっかりとした動きを見せるのではないかとみています。もちろん、貿易摩擦などが上値を抑える可能性は十分にありますが、一気に売り込む流れにはなりにくいところであり、今日のように下落してきたところは慎重に見極めて押し目買いといった流れになる可能性が高いように思っています。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»