プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは下落しての引けとなっています。ただ、大きな動きにはなっていません。市場全体に様子見ムードが広がったこともあり、方向感は見えにくい展開となりました。先行きに対する不透明感が増しており、判断の難しい局面が続いています。市場にはエネルギーが蓄積されてきているように思われますが、現状ではどちらに動くのかは見えにくく、レンジ圏での動きとなりやすいところではないでしょうか。そうした中でその他の市場も大きな動きにはなっていません。為替相場においてもドル円などは方向感の見えにくい展開を強いられています。しばらくはこういった動きが続くのではないでしょうか。こうした流れを受けて、今日の東京市場も動き難い展開となるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線を意識しての動きとなっています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいとなっており、レンジ圏での動きが意識されやすい状況です。バンド幅は比較的狭いのでバンドの上下限では注意が必要ですが、すぐには大きな動きにはなりにくい出しょう。RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっています。中期線は高値圏での動きとなっており、流れとしては買い優勢の状況です。短期線の動きにもよりますが、バンドの上限まで上昇する可能性が高そうです。一方、ユーロドルはバンドの上げんからの下落基調で、バンドの中心線まで下落しています。ここで支えられるかどうかといったところですが、バンド幅の縮小傾向が意識されており、下限まで下落する可能性もありそうです。RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落しています。まだ下値余地を十分に残しており、短期的には売り優勢です。ただ、中期線は上昇基調で高値圏に入っており、中長期的には底堅い動きが意識されやすいところではあります。バンドの中心線で支えられるかははっきりしないところですが、いずれにせよ徐々に下値は堅くなっていくでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |