プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

FOMCに向けてドル売りの準備を、といった話があります。米国の政策金利が上昇すればその他通貨との金利差が拡大し、ドルに対する買い圧力が高まるというのは教科書的な説明ではありますが、実際問題として過去の利上げ局面においてはドルが下落している、というのは歴史的に見た事実ではあります。過去の例が今回も当てはまるのであれば、ドルに対する買いは利上げまでで、そこからはドルに対する売り圧力が強まるということになるでしょうか。

相場において、事実売りという言葉があります。噂で相場が持ち上げられて、事実が出る頃には上げきってしまっており、そこで決済の売りが出て相場を押し下げるといった動きです。今回も利上げ観測に伴うドル買いの後、知ったらしまいとなるのでしょうか。

確かにその可能性は十分にあるかと思っています。また、過去の例からドル売りに動くということもあるでしょう。ただ、問題としては現状で米国債利回りの上昇が殆ど見られていないことです。この辺りの動きはやや気持ち悪いところではあります。米国債のこの不気味な静けさが今後どういった展開をもたらすのかには注目しておいたほうが良いように思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |