プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが米株はまちまちでの引けとなっています。中国に対する警戒感が和らぎ上昇する動きも見られましたが、結局押し戻される動きとなっています。先行きに対する不透明感は依然として払拭されてはいないようです。ただ、ダウは小幅ながらもプラス圏での引けとなっており、積極的に下値を追う動きは一服したようにも見受けられます。週末に向けての動きで持ち直しが加速するのか、上値を抑えられるのかは注目です。昨日の米株の動きを見る限りではあまり期待はできないようにも思われます。そうした中、為替相場はドルに対する買戻しの動きが見られています。大きな動きではなかったものの修正の動きそのものは見られています。個人的にはその流れが続きやすいのではないかと見ています。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線で支えられての動きとなっています。このまま再度上昇してバンドの上限といった動きになるかどうかに注目が集まります。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、レンジ圏での動きが意識されやすいのではないかと見ています。ただ、バンド幅は比較的狭いので、上下限での動きには一応注意しておきたいところです。RCIで見ると、短期線が下落基調となっています。短期的には上値の重さが意識されやすいでしょう。中期線は高値圏での横ばいとなっています。中長期的には底堅い動きが意識されやすい状況となっています。一時的には下落となっても、底堅い動きが意識されやすく、やはりバンドの上限までは再上昇するのではないでしょうか。一方、ユーロドルはバンドの上限を意識しての動きとなっています。バンドブレイクからの動きが意識されるところです。しかし、バンドの下限も上昇に転じており、バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくいところとなっています。一時的には調整の動きが入るのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入っています。これが高値圏での横ばいとなるのか天井打ちとなるのかで流れが変わってくるでしょう。中期線は上昇基調を強めており、流れとしてはやはり買い優勢でしょう。一時的な調整が入っても、上昇トレンドは維持されそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |