プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

さて、今日は米雇用統計が発表されたわけですが、非農業部門雇用者数が市場予想を下回ったものの、20万人は維持しての引けとなっています。失業率は変わらずとなっています。ただ、前回の改定値が良かったこともあり、一時好感される動きとなりました。ただ、その後はダウも大きく下げての動きとなっています。この辺りは米国の金融政策との絡みもあるので、ややわかりにくい状況ということができるでしょう。

そうした中で、ビル・グロス氏が9月利上げが確定的となった、といった発言をしています。確かに、雇用に関しては警戒感がかなりの程度和らいでおり、9月の利上げというのも視野に入りやすい所ではあります。その際に0.25%の利上げを行うのか、それとも小幅に刻むのか、といったところかと思っていたら、0.50%の利上げを行ったら市場にもインパクトといった発言をしているようです。しかし、それに関してはまず無理と思っています。そもそも9月に利上げを敢行するかもまだ疑わしいといったところと思っています。どちらかと言えば、小幅に利上げからの連続利上げといった動きも想定されるところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |