プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

7月8日のFX戦略

それでは今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は押し戻す動きとなりました。欧州株が大きく下落する中、取引序盤は米株にも売り圧力が強まりました。しかし、その後ギリシャ情勢に対する楽観的な見方から買い戻しの動きが意識されました。ギリシャ問題に関しては先行き不透明感が意識されるものの、どのような結末を迎えようともそこまで大きな動きにはならないといった思惑があり、ここまでの下落が行き過ぎといった見方が強まっています。状況によっては一時的にリスク回避的な動きが強まってもおかしくはないところですが、そこまで大きな動きにはなりにくいといったところではないでしょうか。為替相場もリスク回避的な動きが一転して持ち直す動きとなっています。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足は横ばいでの動きとなっています。上値の重さが意識されていますが、下値も堅そうです。バンドの上下限中心線が横ばいでの動きとなっていることを考えるとレンジ圏での動きが意識されやすいところではないでしょうか。方向感は見えにくい状況です。RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっています。上昇の勢いが出てくれば一時的には買い圧力が強まることになるでしょう。一方、中期線は下値圏での横ばいとなっています。流れとしては上値の重さが意識されやすいところです。短期線の上昇基調が維持されれば目先は上昇といった動きになりそうですが、バンドの中心線では抑えられやすいのではないでしょうか。ユーロドルはじり安傾向となっています。1.10ドル割れの水準では買いも入っていますが、バンドの下限の下落が意識されており、上値の重い展開です。バンドの上限は横ばいとなっていますが、下落に転じてきそうです。大きな動きにはなりにくいものの、下落トレンドが意識される動きとなるのではないでしょうか。RCI短期線は下落基調で下値圏での動きとなっています。中期線は下落して下値圏に入っています。短期線の底打ちがない限りは安易な押し目買いは危険でしょう。

~お知らせ~
クルーク様(http://www.gci-klug.jp/)と提携を結びシストレ関連サイト、シストレクルーク(http://systemtrade.gci-klug.jp/)へ情報提供を行うことになりました。ぜひともご覧いただければと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |