プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

7月7日のFX戦略

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、欧米株は下落しての引けとなっています。米株は引けにかけて多少持ち直しましたが、欧州株は軟調地合いとなっています。ギリシャ問題の先行き不透明感が強く意識されており、警戒感が高まっています。債券市場では特にリスク回避的な動きが意識されているところです。株式市場は比較的落ち着いていたということが出来るかもしれません。債券市場を見る限りではかなり危険な状況ということができるのではないでしょうか。ギリシャがかなり強気と言いますか、勘違い甚だしい動きを見せています。ユーロ圏離脱といった事態が発生してもおかしくない局面ということが出来るのではないでしょうか。そうなった場合、相場がかなり荒れることが予想されるところです。為替相場もユーロに対する売り圧力が意識されている状況です。どちらに転んでも動きが大きくなりそうで、非常に危険な局面ということが出来るのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの下限から持ち直しての動きとなっています。窓をあけて下落していますが、そこからは持ち直しています。バンド幅は縮小傾向にあり、方向感は見えにくいところです。市場にエネルギーが蓄積されてきており、動き出したら大きそうです。RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。一方、中期線は下値圏での動きであり、中長期的には売られやすい地合いです。一時的には買い戻しの動きが出そうですが、戻り売り優勢といったところでしょう。バンドの中心線の配置から考えると、123円上の水準までは買いがあってもおかしくはなさそうです。ユーロドルはバンドの下限を意識しての動きとなっています。窓を開けての動きではありますが、そこからは押し戻しています。バンド幅は緩やかに拡大していますが、方向感は見えにくいところです。とは言え、上値の重さが意識されそうなところです。RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいとなっています。中期線は下落基調で下値圏に入っており、流れの悪さが意識されます。短期線が底打ち出来れば調整の動きが入るのでしょうけど、上値の重い局面が続きそうで、戻り売り優勢といったところではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |