プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は堅調地合いでの引けとなりました。買戻しの動きが意識され、ダウは100ドル超の上昇となっています。依然としてリスク志向の動きが意識されやすい状況ということになるでしょうか。ギリシャ問題に対する警戒感は強く残っているものの、売られ過ぎ感からの買い戻しといったところでしょうか。米経済指標はまちまちとなっています。為替相場においても言えることですが、FOMCを控えている状況であり、調整の動きが意識されたということが出来るでしょう。ドル円などは小動きとなっており、様子見ムードが意識されています。イエレンFRB議長の発言などを聞くまではポジション調整の動きが意識されやすいかもしれません。こうした動きを受けて、今日の東京市場はしっかりとした動きとなりそうです。昨日までの下落に対する調整の動きが入りそうで、それなりの買い戻しが意識されるでしょう。ただ、ドル円などはそういった動きを受けて底堅い動きは期待できますが、大きな上昇は難しいかもしれません。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの中心線を意識しての動きです。横ばいでの動きで方向感の見えにくい状況です。バンド幅の縮小傾向もあり、さらに動き難い状況が意識されています。RCIで見ると、短期線が下落基調で下値圏に入っていますが、底打ち気配があります。一時的には買い戻し優勢となり、バンドの上限を目指すのではないでしょうか。中期線は天井打ちから下落となっており、上値は抑えられやすいでしょう。調整の買いが意識されるものと思われますが、徐々に戻り売り優勢となるでしょう。一方、ユーロドルは横ばいでの動きとなっています。バンドの中心線を上回っての推移ではありますが、バンドの上限まで届かす、上値の重さが意識されやすい局面となっています。RCIで見ると短期線が下落基調となっています。勢いがかなり強い所ですが、下値余地は多少残しています。中期線はじり高基調が一服しています。中立水準が意識されての動きであり、方向感は見えにくい所となっています。ただ、現状のじり高基調一服から下落の流れが強まると売り圧力が強まることになるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |