プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株はまちまちでの引けとなっています。前日終値を挟んでの動きであり、方向感に欠ける展開となりました。欧州株は軟調地合いだったものの米株には買い戻しの動きも意識され、大きな動きにはなりませんでした。米国債利回りは大きく上昇しての雨後旗となったものの、ドルに対しては売り圧力が意識されるなど、ややわかりにくい動きとなっています。ドル円の上値の重さが意識されているところとなっています。こうした流れを背景に、今日の東京市場は上値の重さが意識されそうです。ただ、昨日の下げに対する買い戻しの動きも見られそうで、大きな動きにはなりにくいのではないでしょうか。ただ、ドル高牽制発言などが徐々に意識されてきているようにも思われます。要人発言には注意が必要でしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限を意識しての動きから調整が入っています。中心線まで下落する可能性もありそうです。バンドの上限が横ばいでの動きへと変化しつつあり、バンド幅の縮小傾向が徐々に意識されていくのではないでしょうか。大きな動きにはなりにくい局面です。RCIで見ると、短期線が下落基調となる一方で中期線は高値圏での横ばいです。下値余地はあるものの中長期的には押し目買い優勢といったところではないでしょうか。一方、ユーロドルはバンドの中心線を挟んでの動きからやや上方向へと動いています。バンドの上限まで上昇するかどうかに注目です。RCIで見ると短期線は高値圏での動きです。天井打ち気配があることから、これが下落基調を強めるかどうかといったところです。中期線は上昇基調となっているだけに下値は堅そうですが、短期線の動きを見る限りでは目先は上値の重い展開となるのではないでしょうか。バンド幅も縮小傾向になりそうで、バンドの中心線を意識しての動きとなるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |