プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

さて、米雇用統計が迫ってきています。現状はADPが予想とほぼ変わらずといった状況となっています。米国の利上げに対する思惑が揺れている中での発表であり、また荒れる可能性はありそうです。良い数字が出るのか、悪い数字となるのかは定かではありませんが、相場には大きな影響を与えそうな状況となっています。いつもどおり非農業部門雇用者数の20万人がまずは分かれ目となるのではないでしょうか。それ以上であれば、予想を下回っても取り敢えずは下げ渋るのではないでしょうか。

個人的には悪い数字は出にくいのではないかと見ています。ただ、問題としては前回分などが大幅に下方修正されるなどといったことがあった場合は警戒感が高まるのではないかと見ています。米経済の悪化に関しては一時的ではないかと見ていますが、しっかりとしてくるには多少の時間がかかることは考えられるところです。その意味では予断を許さない所ではあるかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |