プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

楽観は・・・

ギリシャ問題は一進一退と言ったところなのでしょうか。「ギリシャだけが楽観的、31日までに合意可能と報道官。債権者側は否定」といった報道を目にしましたが、状況は芳しくないといった見方をすべきなのかもしれません。当初はここまで悪化することもないのではないか、と見ていましたが、現状の政権では難しいといった見方に徐々に変化していったところですが、ここまできたらギリシャがユーロ圏から離脱するといったところまで見ておいたほうが良いのかもしれません。

たしかに、現状ではユーロ離脱に関する取り決めが存在しないといった問題はありますが、そんなものは作ってしまえばいいだけのことであり、それ自体が問題になることはないでしょう。今後も同じようなことが起こる可能性を考えるのであれば、ある意味ではいい機会なのかもしれません。ギリシャはそれによって壊滅的な打撃を受けるのではないかと思っていますが、逆にその他のユーロ圏各国が反面教師として気を引き締めるかもしれません。それに伴いドイツの影響力はさらに増すのではないか、と思っているところです。一時的な乱高下はありそうですが、ギリシャを切り離したらユーロや欧州株に対する買い圧力が強まる可能性はありそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |