プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、欧米市場が休場ということもあり、大きな動きにはなりませんでした。ドルに対する買い圧力は意識されたものの、様子見ムードとなりました。取り敢えずは休場明けの動きを見定めたいといったところでしょう。今日の東京市場もドル円の堅調を背景に底堅い動きとなる可能性はありますが、大きな動きにはなりにくいでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限を意識しての動きです。ただ、下限が上昇に転じている点は注意が必要でしょう。バンドの上下限中心線が上昇ということになれば、上昇トレンドが意識されるものの、調整の動きも入りやすくなってきます。大きな動きには目先なりにくいでしょう。ただ、調整の動きが横ばいとなった場合は再度バンドの上限を試す可能性が高まる点は意識しておきたいところです。RCIで見ると、短期線が高値圏での動きとなっています。天井打ちするかどうかに注目です。一方、中期線は上昇基調となっています。中長期的には買い優勢といった展開が続くでしょう。一方、ユーロドルは下落基調となっています。バンドの下限を意識しての動きとなっています。バンド幅は縮小傾向でしたが、現状はバンドの上下限中心線が横ばいでの動きとなりつつあり、レンジ圏での動きが意識されるのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線が下値圏での動きで、底打ち出来れば調整の動きとなるでしょう。ただ、中期線は天井打ちからの下落であり、高値圏から転落しています。中長期的には売られやすい地合いであり、中長期的な方向感としては売り優勢といったところでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |