プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

FOMC議事録

FOMC議事録にて、6月の利上げに関しては可能性は低いといった雰囲気となっています。経済の落ち込みは一時的かも知れませんが、6月賛成の当局者は少数となっている模様です。個人的にも第1四半期の落ち込みは気になっているものの一時的であり、持ち直す可能性が高いのではないかと見ています。少なくとも底堅い動きとなるのではないかと見ています。その一方でドル高にはやや懸念が残ることも事実です。

とは言え、企業業績にしても、予想が低く出てハードルが下がるといった展開も十分に考えられます。ドル高にもかかわらず、といった動きになれば株価には下支え要因となるでしょう。6月は難しくても、やはり年内はやってくるのではないか、といったことを思わせるFOMC議事録だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |