プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は軟調地合いとなりました。米GDPの悪化が意識されており、市場には警戒感が強まっています。FOMCに関しては、市場の思惑ほどハト派にはなっていない、といった見方が市場では強いようです。経済指標の悪化に関しては一時的なもの、といった見方であり、これからの経済指標に関しては改善してくるといったものとなっています。利上げに関しては6月は難しい物の、年内の利上げは問題ないのではないかと見ています。為替相場はドルに対する売り圧力が強まっています。米国債利回りは堅調な推移であり、ややわかりにくい所ではあります。基本的には調整の動きが意識されているようにも思われます。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの下限を意識しての動きから持ち直しています。バンドの中心線までは戻してくる可能性が高いのではないでしょうか。バンドの下限が下落基調となっていますが、上限がほぼ横ばいであり、まだはっきりとしない状況ではありますが、上限が下落となる可能性が高く、トレンドとしては下向きではないかと見ています。買い戻されても上値は重いでしょう。RCIで見ると、短期線が下落基調となっています。下値圏に入ってきており、これが底打ちとなるかどうかに注目が集まります。一方、中期線はじり安基調で、そろそろ下値圏に入りそうです。短期線が底打ちからの動きとなっても、中長期的には上値の重い展開であり、抑えられやすい格好と言えそうです。一方、ユーロドルは上昇基調が意識されています。バンドの上限をブレイクしての動きであり、バンド幅の拡大を伴っての動きとなっているだけに、さらに上値を追う動きとなってもおかしくはないでしょう。RCIで見ても短期線が高値圏での動きで、さらに上昇しています。上値余地はほとんどありませんが、天井打ちとならない限りは買い優勢といったところです。中期線も上昇基調です。まだ上値余地を残しているだけに、短期線が天井打ちとなっても底堅い動きが意識されるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |