プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

結局のところ

今日のForexRadioでも話したのですが、現状の相場がわかりにくいといったところの原因として、業績相場に移りつつあるとはいえ、依然として注目を集めているのが各国の中央銀行の動向であり、その動向があまりにも不透明という点が問題となっているのでしょう。個人的には米国の金融政策に注目すれば良いと思っており、その動向としては年内の利上げは既定路線として、6月は難しいといったところではないかと思っています。この予想に関してはここ最近は全く変えていませんし、しばらくは変えないつもりです。

ただ、市場の思惑としてはどちらに行くのか気迷いといったところです。年内利上げはないといった意見が出る一方で、6月説が完全になくなったわけでもありません。ただ、6月説に関しては、やるべきであるといった思いがあるようにも感じるところです。あまりの低金利は経済にとってよくない、という考えが元になっているように感じています。つまり、現状はさておいている気がするのは気のせいではないと思っています。個人的にはそういった考えは学者としては良いかもしれませんが、アナリストとしてはちょっとリスクが有るのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |