プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは上昇しての引けとなっています。米小売売上高が市場予想を下回り、一時下げ幅を拡大しましたが、早期利上げ観測の後退を意識して持ち直しての動きとなっています。ただ、上値の重さも意識され、引けにかけてやや抑えられる動きとなっています。方向感の見えにくい状況ではあります。米企業決算などを見極めたいとの思惑から、様子見ムードとなっているといったところでしょうか。そうした中で、ドルに対する売り圧力が強まっています。ドルインデックスが大きく下落しており、警戒感が強まっています。ドル円も120円を大きく割り込んでの動きとなっており、今日の日経平均の上値を抑えそうです。東京市場は積極的に売り込む動きにはなりにくいと思われますが、上値は抑えられやすいでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの下限を目指しての動きとなっています。バンド幅が縮小しており、市場にはエネルギが蓄積されているだけに注意が必要でしょう。RCIで見ると、短期線が下落基調となっており、目先は売られやすいでしょう。一方、中期線はじり安基調ではありますが、まだ高値圏での動きを維持しています。一時的には下値を追いやすいところですが、目先は大きく下げる動きにもなりにくいでしょう。ユーロドルはバンドの下限で支えられての動きとなっています。バンドの上下限中心線が横ばいとなっており、レンジ圏での動きが意識されやすい状況です。目先は押し戻す可能性が高いのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線が下値圏での動きとなっています。底打ち気配がありますが、上昇となるかに注目です。一方、中期線は上昇基調が転換し、じり安基調となっています。高値圏に届かなかったこともあり、警戒感が強まりそうです。ただ、目先は方向感がそもそも見えにくく、レンジ圏での雨後気が意識されるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |