プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

楽観

大きく悪化した米雇用統計から土日をはさんでの今週の動きはリスク志向の動きが強まる展開となっています。早期利上げ観測の後退が大きく影響しているようですが、この動きはやはり違和感を覚える所ではあります。利上げに関しては6月は難しそうですが、年内はかなりの確率で行うといった見方をしており、それが後ずれするといった思惑なのでしょうか?さすがにそれはないのではないかと思っています。

個人的には利上げを急ぐ必要はない、といった見方をしています。株式市場に対するインパクトが大きくなりそうですし、インフレも高まっていません。ただ、実際問題として利上げを行う可能性は高いといったところではないかと思っています。タカ派の突き上げがありますし、ここまでの発言などを考えると9月くらいまでににはやっておきたいといったところかと思います。問題となりうるとしたら、利上げをした後の話かと思っています。つまり、連続して利上げを行うのか、それとも次の利上げまでは時間を置くのか、といったところかと思います。これまでの傾向としては連続して利上げを行うことも多かったのですが、今回に関しては経済指標に息切れ感が漂う中で、すぐに利上げというのも難しいでしょう。利上げ幅を小さくするといった手段も市場への織り込みなどを考えると難しいのではないかと見ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |