プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが下落しての引けとなっています。前日の大幅上昇に対する調整の動きが意識されており、100ドル超の下落となっています。早期利上げに関する思惑が交錯しており、判断が難しいところです。9月の利上げといった見方が強まってきているように感じるところです。個人的には6月はないかな、との見方を維持しているところですが、年内の可能性は高く、9月というのは確かにいいタイミングかもしれないと思っている所ではあります。問題はインフレがどういった動きを見せるかでしょうか。取り敢えず、昨日の動きはダウが下落する一方、ドルは買い戻されています。米国債利回りが大きく上昇したことで、ドルに対する買い圧力が強まっています。この動きから判断すると、、今日の東京市場は小幅に上昇といった動きになるのではないでしょうか。昨日の東京が下落となっていただけに、買戻しが入りそうな状況です。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの中心線で支えられての動きとなっています。流れとしてはバンドの上限まで押し戻す可能性が高いのではないかと見ています。RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入っています。これが底打ちとなってこないと積極的には買いにくいところですが、中期線が高値圏での動きとなっていることを考えると、上昇しやすいのではないかと見ています。一方、ユーロドルはバンドの中心線で抑えられての動きであり、再度バンドの下限を目指す可能性が高いように思われます。安値を更新する可能性も高まっており、警戒すべき状況です。RCIで見ると、短期線は上昇基調でそろそろ高値圏に入りそうです。一方、中期線は下値圏での横ばいであり、中長期的には売られやすいところとなっています。短期線には上値余地が多少ありますが、天井打ちから下落と言った動きになるのではないかと見ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |