プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが大きく下落しての引けとなっています。欧州株が下落した流れや、FOMCに向けての調整が意識される中で、反落する展開となっています。下値を支える動きも見られましたが、ダウは100ドル超の下落となっています。ただ、NASDAQはプラス圏での引けであり、全体的な方向感は見えにくいところだったのではないかと思います。最終的にはFOMCに注目といったところではないかと思います。今日の東京市場に関しても、流れの見えにくい、様子見ムードとなるのではないでしょうか。為替相場は一時ドル売りが強まりましたが、結局は持ち直しての動きであり、こちらも方向感の見えにくい展開となっています。東京時間帯は現状の動きを継続するのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円は横ばいでの動きとなっています。下値の堅さが意識される中での動きとなっています。再度バンドの上限を試す可能性が高いのではないかと見ています。RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落となっており、短期的には上値の重さが意識されるところです。しかし、中期線は高値圏での動きで、横ばいからさらにじり高となっています。中長期的には買い優勢であり、短期線が底打ちしたら一気に上値を追うでしょう。一方ユーロドルはバンドの下限からの調整の動きです。上値の重さが意識されており、再度バンドの下限まで下落する可能性が高いのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線が底打ち基調となっています。ただ、中期線は下値圏での動きであり、中長期的には上値の重さが意識されやすいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |