プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株はダウが大きく上昇しての引けとなりました。米国の経済指標がよくなかったことを背景に、早期利上げ観測が後退する展開となっています。米国債利回りの低下など、わかりにくい状況ではありますが、やはり今週のFOMCに向けての動きということになりそうです。それまでは動きがあってもFOMCで旧反転といった動きになってもおかしくはないので、警戒を要する状況ということができそうです。ただ、今日の東京市場に関してはダウの大幅上昇に加えてドル円の下値の堅さが意識されているだけに、株価はしっかりとした動きになるのではないでしょうか。ただ、流れとしては様子見ムードとなりやすく、日中は伸び悩む場面もありそうです。為替相場はドルに対する売り圧力が強まりました。米国債利回りの低下や、早期利上げ観測の後退などが意識されやすい状況となっています。目先は調整の思惑もあり、ドルの上値は抑えられるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限から横ばいでの調整が入っています。下値の堅さが意識されており、しっかりとした調整が入りにくくなっています。流れとしては再度バンドの上限まで上昇する可能性が高いのではないかと見ています。RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落となっています。未だ高値圏ですが、短期的には売られやすい地合いです。ただ、中期線は高値圏での横ばいとなっており、方向感としては底堅い動きが意識されやすいところです。押し目買い優勢ですが、思った以上に下値の堅い展開からの上昇となる可能性が高そうです。一方ユーロドルはバンドの下限を意識しての動きから、やや調整が意識されています。ただ、これも上値の重さが意識されており、先行きには警戒感が強まるところです。バンドの上限は下落基調となっており、一時的には戻しても売られやすい地合いです。RCIで見ると、短期線は底打ち基調ですが、中期線は下値圏での横ばいとなっています。戻り売り優勢の局面であり、安値を更新する可能性も高いでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |