プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

3月5日のFX戦略

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが大きく下落しての動きとなっています。欧州株は持ち直したのですが、金融政策に対する思惑や、ADP雇用統計が市場予想に届かなかったことを背景に売り圧力が意識されています。やや調整の思惑が強まっていますが、逆に週末の雇用統計に向けて押し目を形成している可能性は意識しておいたほうがいいのではないかと思います。最終的には結果次第ですが、そこまで悪い数字が出る状況にもなさそうで、予想に届かなくてもある程度の範囲で収まっていたら知ったらしまいとなる可能性のほうが高いのではないかと見ています。為替相場においてはドルに対する買い圧力が強まっています。早期利上げ観測が意識される中で、ドルに対して売り込みにくい状況ということができるでしょう。ドル円も戻りが意識される状況が見られ、底堅い動きが展開されています。こうした中で、日本株はダウの下落が意識されて上値の重い展開となりそうです。ただ、積極的には売り込まれず、引けにかけては押し戻す可能性もありそうです。雇用統計に向けての動きがどういった形で現れるのかがわかりにくい所ではありますが、目先は方向感の見えにくい動きとなりそうです。

テクニカル的には今日はラジオがありますので、そこで話したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |