プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米国の経済指標はどうにも予想に届かないものが多くなっています。今日も予想に届かずに、ダウの上値が抑えられています。現状では18000ドルを維持していますが、上値の重い展開が意識されています。

とは言え、米経済が悪化しているというとそういったわけでもないでしょう。経済指標に関しては期待が高過ぎるのではないかと思っています。また、季節的なものもあるので、直近のデータだけで判断もできないでしょう。これに関してはFEDも同じように考えているのではないかと思っています。つまり、利上げに関しては年内に行われるといった見方を現状では維持しているところです。

ただ、最近FEDや日銀の動きとは別に、利上げをしたりインフレ率を高めるということが、本当に必要なことなのか、といったところを考えています。これまでの経済学においてはデフレは悪であり、インフレであるべき、といったものでしたが、近年において、そうとも言い切れないのではないか、といった考え方が出てきています。インフレが進行しにくい状況になっていることもあり、であれば利上げの必要性もどうなのかな?と考えているところです。これに関してはまた機会を見て書いていければと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |