プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円下落

ドル円が一気に急落しての動きとなっています。日銀の金融政策に対する思惑から、急激な円安調整が意識されているところです。さすがにこの材料を予想していたとは言いませんが、テクニカル的には調整が入りやすい、とラジオで言っておいて良かった~、と思っているところではあります。

問題はここからの動きということになるでしょうか。個人的には118円台半ばでは支えられやすいといった話をしています。これはここにバンドの中心線が走っているからで、逆に言えばここをもし抜けられるということになれば、バンドの下限まで意識する必要があるため、やや危険な状況になっていくでしょう。その意味で、現状の安値118.51円前後の水準が維持できるかどうかは注目でしょう。個人的には支えられるといった見方をしていますが、ここまで急激な動きをしてきているだけに、撤退のポイントも浅めにしておいたほうがいいのではないかと思っています。

ただ、バンドの中心線自体は上昇基調にあるとはいえ、もう少し下を通っていることを考えると、118円台前半までは下落の余地が残っていることは意識しておきたいところです。余裕が有るのであれば、118円割れの水準まで耐えるというのは戦術としてはありそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |