プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが上昇しての引けとなっています。ギリシャ支援に関する思惑が意識されており、大きく持ち直しての動きとなっています。欧州株の上昇を背景に、米株も買い戻しの動きが強まっています。リスク志向の動きであり、市場には楽観的な見方が広がる展開となっています。状況としては底堅い動きが意識されやすく、期待感が高まる状況となっています。為替相場においてもドルに対する買いが意識されており、ドル円もしっかりとした動きということが出来るでしょう。ただ、今日は日本の市場が建国記念日で休場となっており、やや方向感は見えにくくなる可能性は高そうです。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限を意識しての動きとなっています。バンド幅の拡大はあまり見られていませんが、特に下限の動きには注意を払っておきたいところです。RCI短期線が高値圏に入っており、これが横ばいの動きになれば、バンドブレイクからバンドウォークといった動きが意識されるでしょう。ただ、短期線の上昇の勢いが強かったこともあり、一時的には調整の動きが入る可能性のほうが高いように思われます。とは言え、中期線が上昇基調となっており、さらに上値余地を十分に残していることを考えると、一時的に調整が入ってもしっかりとした動きが意識されやすく、押し目買い優勢といった動きになりやすいでしょう。一方、ユーロドルは横ばいでの動きとなっています。バンドの中心線で抑えられており、上値の重い展開となっています。RCI短期線の下落基調もあり、バンドの下限まで下落する可能性が高いように思われます。ただ、バンド幅の縮小傾向もあり、バンドの下限では支えられるのではないかと見ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |