プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米国株が大きく上昇しての引けとなりました。リスク回避的な動きは継続せず、底堅さが意識される状況となっています。FOMCにおける利上げ観測は出ているものの、米経済に対する強気の見方もあり、下値では買戻しの動きが強まる状況となっています。中古住宅販売保留がよくなかったにもかかわらずの動きであり、再び経済指標に反応しにくい地合いとなっているのかもしれません。そうした中で為替相場はドルに対する買い圧力が意識されています。米国に資金が集まる展開となっていますが、米国債に関しては昨日は調整の動きに押し戻されました。状況としてはわかりにくい所ではありますが、リスク志向の動きが依然として意識されやすい状況に変化はなさそうです。そうした流れを受けて、日本株も持ち直す可能性が高いでしょう。週末ということもあり、日中の動きは不透明なところもありますが、流れとしては買い優勢といったところでしょう。為替相場もドルに対する買い圧力は依然としてくすぶるのではないかと見ています。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの中心線を意識しての動きとなっています。ここをブレイクするかどうかに注目です。ただ、バンド幅は縮小傾向にあり、方向感は見えにくくなってきています。市場にエネルギーが蓄積されてきているだけに、バンドの上下限での動きには注意が必要ですが、目先は大きな動きになりにくいのではないかと見ています。RCIで見ると、短期線が下落基調となっています。勢いもあるので、後1~2本で下値圏に入りそうです。一方、中期線は下値圏での動きですが、底打ち気配となっています。この流れが継続する展開となった場合は中長期的には持ち直し基調が意識されるようになるのではないかと見ています。ユーロドルはバンドの下限からの持ち直しの動きとなっています。バンドの上下限中心線が下落基調にあり、方向感としては下向きですが、一時的には戻してもおかしくないところではあります。RCI短期線は底打ちから上昇基調となっており、上値余地も残しています。戻り圧力はまだ強いのではないかと見ています。ただ、中期線は下値圏での横ばいであり、中長期的には依然として上値の重さが意識されることになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |