プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが上昇しての引けとなりました。大きな動きではなかったものの、下値の堅さが意識されての動きとなっています。ECBの緩和策に対する期待感が強まっており、それが株価の下値を支える要因となっています。原油価格の上昇なども買い安心感を意識させているようです。米国債利回りも上昇しており、流れとしてはリスク志向の動きといったところとなっています。こうした動きを背景に、今日の東京市場においてもしっかりとした動きが見られるのではないでしょうか。為替相場においてはドル売りも散見されましたが、結局押し戻す動きとなっており、積極的に売り込む動きにはなりにくいのではないでしょうか。ただ、ECBの動きには懸念も残るところであり、まずは様子見ムードが強まりそうです。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの中心線で抑えられる動きとなっています。バンド幅は縮小傾向にあり、大きな動きにはなりにくいところですが、バンドの下限まで下落する可能性が高いでしょう。RCIで見ると、短期線は上昇基調となっていますが、中期線が下値圏に入ってきています。中長期的な流れの悪さが意識されそうで、短期線が天井打ち気配となった場合は下げ幅を拡大する動きも見られそうです。一方、ユーロドルはバンドの下限からの調整の動きが意識されています。ただ、横ばいでの動きであり、上値の重さが意識されています。この流れでは再度バンドの下限まで下落といった動きになってもおかしくありません。RCIで見ると、短期線は底打ちからの動きとなっていますが、中期線は下値圏での動きとなっています。一時的には押し戻す動きとなっても、先行きに関しては警戒感が根強いといったところでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |