プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

市場は目先は落ち着いた動きになっています。とは言え、これに関しては米国が休場ということにすぎないのかもしれず、依然として予断を許さない所ではありますが、まずは欧州市場をこなしたことは重要なのかもしれません。問題を1つずつこなしていくしかない所ではありますが、連鎖しなければ良いのですが・・・

今週はECB理事会が22日にあり、そこで量的緩和が決定されるのではないかと見られています。これに関してはスイス中銀の動きがあった直後であり、こちらもはっきりとしない所ではありますが、そこで相場が動く可能性は高いでしょう。それを待っているとしたら、動きは思わぬ大きさになるかもしれません。目先は調整の動きが意識されていますが、再度急激な動きが巻き起こるかもしれません。ECBの動きでレート配信がとまるようなことはないと思いますが、それなりの動きには注意が必要でしょう。ここで量的緩和をやらないという結論になった場合が危険でしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |