プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

連鎖の可能性

スイス中銀の発表から一夜明けて、アルパリUKが破綻となり、そのあおりをアルパリジャパンも受けた格好となっています。こうなってしまうと、どの会社が良いのかと思われるかもしれませんが、個人的にはどの会社であってもこういったリスクは存在するので、せめて資金が保全される会社に入れておくのが無難ということしか出来ないのではないかと思っています。アルパリに関しては、ここまで早く・・・といった感じではありますが、一刻の猶予もナイトの判断なのでしょう。個人的には来週の頭、つまり土日を挟んでどうなるかに注目と懸念を抱いています。利益を出しても出金出来ないということがありえるかもしれません。さらに銀行系が大きな損失を出して倒産などといったことになれば、その影響は計り知れないものとなる可能性もあるでしょう。

スイス中銀からすれば、ここまでの事態になると想定していなかったのかもしれませんが、トリガーを引いた可能性はあるでしょう。ここからどうなるのか、全く予断を許さない所ではあります。というのも、この事態を受けて各国の中央銀行や当局が動かざるをえない状況に陥る可能性を見ておく必要があるでしょう。そうなった場合、相場がどちらに振れるかなど全くわかりませんし、どっちに振れてもおかしくないといったところではないかと思っています。

ただ、こういった異常事態において、ドルに対する買いが強まる可能性は頭に入れておいたほうが良いのではないかと思っています。ドルを確保したい思惑が出てもおかしくないとは思っています。現状はリスク回避的な動きが米国債利回りを押し下げており、ドルの上値を抑える可能性もあるのですが、特に来週は当局の動きに警戒しておいたほうが良いのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |