プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

昨日はクリスマスで欧米市場は休場となっています。為替相場もレート配信がなされていません。そういった状況であり、さらに今日は金曜日ということもあって動きにくい状況ではないでしょうか。欧米勢はクリスマス休暇明けから動いてくるのですが、来週からといった動きになる可能性が高いと見ています。東京時間帯は今日の朝方の経済指標次第といったところはありますが、結果を受けて寄り付いた後は調整の動きなどをこなしつつ、日中は大きな動きになりにくいのではないでしょうか。為替相場も様子見ムードが意識されるのではないかと見ています。

テクニカル的には、ドル円はバンドの上限を意識しての動きから調整が入っています。バンドの上限まで上昇する可能性は残るものの、やや上値の重さが意識されています。一時的には調整の動きが入る展開となるのではないでしょうか。仮にバンドの上限まで上昇しても、上値の重い展開から押し込まれるのではないかと見ています。RCIで見ると、短期線が上昇基調ですが、勢いが強く、天井打ちからの動きとなる可能性も高そうです。一方、中期線はじり安基調となっており、中長期的にも余り形は良くないところです。ただ、短期線が高値圏での横ばいとなった場合は中期線の形も変わってくる可能性があるだけに注意が必要でしょう。一方、ユーロドルは下げ渋る展開となっています。バンドの上下限中心線が下落しており、流れそのものは悪いのですが、一時的にはバンドの中心線を目指しての動きとなっていくのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線が底打ち気配となっています。中期線の形は悪いので、目先の戻りの後は再度抑えられる可能性は高そうですが、買戻しの動きがまずは意識されるのではないかと見ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |