プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですがダウが18000ドルにのせての引けとなっています。史上最高値を更新しての動きであり、米経済に対する期待感が依然として強い状況となっています。GDP確定値や個人消費などで市場予想を上回っています。原油価格の下落などを背景に、先行きに対する楽観的な見方が意識されているものと思われます。ただ、住宅に関してはまだ良くないといったところとなっています。この点は注意が必要にも思われますが、現状は悪い材料には反応しにくい地合いということが出来そうです。そうした中で、為替相場はドルに対する買い圧力が意識されています。米国債利回りが急騰しており、その流れが意識されているように思われます。こうした流れを受けて、今日の東京市場も堅調な推移が期待できるのではないでしょうか。ただ、年末ということもあり、様子見ムードも出そうで、日中は大きな動きにはなりにくいのではないかと思っています。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限を目指しての動きとなっています。バンドの上下限中心線は横ばいであり、目先はレンジ圏での動きが意識されそうです。バンドの上限では抑えられるのではないかと見ています。RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏に入っています。これが横ばいとなるのか、天井打ちとなるのかで流れが変わってきそうです。一方、、中期線は天井打ちから下落となっていましたが、高値圏での横ばいへと変化しています。これが再度持ち直すといった動きになるかに注目です。現状ではまだ多少の上値余地はあるものの、徐々に上値は重くなるのではないかと見ています。一方、ユーロドルは下値追いの流れとなっています。バンドの下限を意識しての動きです。ただ、バンドの上限も下落基調となっていることから、急激な下落といった動きにはなりにくいのではないかと思っています。RCI短期線が下落基調で下値圏に入っており、これが底打ち出来るかがポイントになりそうです。ただ、中期線は下値圏での横ばいであり、中長期的には上値の重さが意識されやすい状況ということができるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |