プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

今日は東京市場が休場となっています。昨日の米株の動きは堅調なものだっただけに、今日もしっかりとした動きが期待できる状況ではありましたが、明日以降に持ち越しといったところでしょう。一方、為替相場はドル円が120円台回復し、ユーロドルは一時安値更新する展開となるなど、ドルに対する買い圧力が維持されています。年末に向けての動きではありますが、S&P500がここに来て終値ベースの高値を更新しているだけに、世界的な株高に対する期待感が意識されています。その流れに乗ってのドル買いといった動きとなっています。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの下限からの戻りが意識されています。バンド幅は縮小傾向にあり、全体的な方向感は見えにくくなっています。目先はバンドの上限を目指した動きとなり、そこで抑えられるのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線が上昇基調となる一方で、中期線は天井打ちからの下落となっています。中期線は下落の勢いが落ちていますが、短期線が天井打ちといった動きになれば、一時的には調整の動きが強まるでしょう。一方、ユーロドルはバンドの下限を意識しての動きとなっています。目先は支えられていますが、上値の重さも意識されています。バンド幅は緩やかに拡大していますが、上限の動きが横ばいの動きとなっており、大きな動きにはなりにくい局面となっています。RCI短期線は下落基調、中期線もじり安基調となっている中で、流れの悪さが意識されています。短期線が底打ち出来るかどうかにもよりますが、上値の重い展開がまだ継続しそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |