プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、リスク回避的な動きが意識され、ダウなどに売り圧力がかかりました。雇用統計を経て、材料の出尽くし感が意識されており、ただ、下値の堅さは意識されており、NASDAQがプラス圏に転じるなど、マチ町での引けとなっています。状況としては依然として下値の堅さが意識されているといったところでしょう。とは言え、流れとしては目先は高値を更新するといった動きにはならないのではないかと見ています。戻り売り優勢といった動きになるのではないでしょうか。為替相場はドル円が一時118円を割り込むなど急落しましたが、そこから持ち直しての動きとなっています。ダウの動きに連れての動きであり、ドルに対する売り圧力は高まってきていません。ユーロドルも上昇はしたものの、引けにかけては押し戻されている状況です。ドルは今日も上値の重さは意識されそうですが、下値も堅いのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限からの下落となっています。ただ、下限をヒゲでタッチしており、このまま押し戻す可能性がないわけではありません。ただ、バンドの上限も横ばいの動きとなっており、流れとしては売られやすいところかと思います。バンド幅が縮小傾向に入る中で、大きな動きにはなりにくいでしょう。RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落となっています。まだ高値圏ではありますが、下落基調は継続されるのではないかと見ています。一方、中期線は天井打ち気配となっています。これが下落基調を強めるかどうかに注目が集まるところです。流れとしては上値の重さが意識され始めているのではないかと見ています。ユーロドルはバンドの下限から押し戻す動きとなっています。ヒゲで中心線を意識しての動きとなっており、これも達成感が出ている可能性はありそうです。バンド幅の拡大基調も見られず、レンジ圏での動きが意識されるようになっていくのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線は底打ちからの動きとなっています。中期線は横ばいからじり高基調が意識され始めており、流れとしては底堅い動きが意識されてくるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |