プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは小幅に上昇しての引けとなっています。NASDAQが下落しており、まちまちでの動きではありますが、底堅い動きが意識されています。日本の経済の先行きに対する警戒感が高まる中での堅調地合いであり、米経済に対する期待感は根強いといえるのではないでしょうか。また、為替相場においてはユーロに対する売り圧力が強まりました。ドラギ総裁が追加緩和に国債も含まれるといった発言をしたことが嫌気される状況です。反射的にドル買いが進行し、ドル円も持ち直しての動きとなっています。方向感としては依然としてドル円は上向きではないかと見ています。

テクニカル的に見ると、ドル円は上値追いとなっています。バンドの上限を目指す動きであり、120円が視野に入りつつあります。まだバンドの上限は120円に達しておらず、年内の120円に関しては懐疑的ではありますが、上値余地はあるところです。RCIで見ると、短期線が高値圏での横ばいとなっています。これが天井打ちしてこないと調整は入りにくいところです。一方、中期線は高値圏の動きとなっています。上値余地はほとんどありませんが、これがすぐに天井打ちといった動きになる可能性は低く、中長期的には底堅い動きが意識されるでしょう。依然として買い優勢といった局面にありそうです。一方、ユーロドルはバンドの中心線で抑えられる動きとなっています。ヒゲで突破したものの、再度下限を目指す動きとなっています。RCI短期線は上昇基調で上値余地があるだけに、すぐに下落といった動きになるかは不透明ですが、売り圧力が強まっているところです。RCI中期線は下値圏での動きとなっており、中長期的には売り優勢といったところでしょう。ただ、バンドの下限がじり高基調となってきており、バンド幅の縮小が意識されてきているところです。目先、直近の安値では支えられる可能性も高まってきていると言えそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |