プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

選挙

日本では衆院選が年内に行われそうな雰囲気となってきています。自民党とすれば内閣改造とその後の諸問題でやや逆風が吹いているようにも見えますが、依然として野党が話にならない状況であり、これ以上の問題が出てくる前に打って出るというのは、非常にわかりやすいところであり、理解できるところです。現状では自民党がどの程度勝つか、といったところが焦点になるかと思います。中国との外交も笑顔なき握手ではあったものの、外交筋は握手を交わした写真が必要であって、それから先はまた別問題、といった話もあるようです。外交問題は非常に難しいところではありますが、取り敢えずの成果はあったと見ていいのではないでしょうか。

そう考えると、やはり自民党に追い風が吹いていることは事実であり、しかも野党側に勝てる要素が見当たらないといったところではあります。かなりの大物が落選といったこともありえるのではないかと見ています。あまり一つの党に議席が集中することはどうかと思う反面、政治が動かなくなることもまた問題ではあります。ある程度は安定的な政治を求めたい気もします。

それはさておき、今回の選挙により消費税増税が先送りされそうです。世界的には評価されそうな方向転換です。日本経済に対する期待感が醸成される可能性もありそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |