プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まずは昨日の動きですが、米国がベテランズデーで債券市場が休場となったことなどもあり、方向感の見えにくい状況となりました。ダウは前日終値を挟んでの動きとなりました。ただ、安倍首相が年内の衆院選挙を決断、そして消費税増税を先送り、といった報道が意識されての円安が進行しています。この動きを受けて東京市場もリスク志向の動きが意識されやすくなっています。円安と株高が進行する可能性がありそうです。一方、ドルに関しては対円では堅調でしたが、全体的には調整の動きも意識されており、方向感の見えにくい状況となりました。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足は再度上限を目指す動きとなっています。バンドの上限が上昇しながらの動きであり、思わぬ高値を出す可能性も頭に入れておいたほうが良いかもしれません。RCIで見ると、短期線が高値圏での横ばいとなっています。中期線は上昇基調で高値圏に入っています。短期線の天井打ちがないと調整の動きも入りにくいでしょう。しかも下値の堅さはまだ意識されそうです。一方、ユーロドルは調整の動きが意識されています。バンドの下限からの戻りですが、上値の重さが意識されているところです。再度売り圧力が強まるのではないかと見ています。RCI短期線は底打ちからの動きで、まだ上値余地を残している状況です。一方、中期線は下落基調で下値圏に入っているところであり、短期的には買い圧力が意識されそうですが、上値を抑えられやすい局面ということが出来るでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |