プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

雇用統計は

米雇用統計が発表となりました。結果は悪いとはいえないと思うのですが、知ったらしまいといったところでしょうか、ドル円などは一時大きく下げる動きとなりました。そこから持ち直していますし、ダウも現状はプラス圏での動きです。市場も非農業部門雇用者数が予想に届いておらず、賃金も低調といった報道を背景に動いたものの、冷静になってみれば失業率は改善しているわけですし、労働参加率の改善も見られています。そもそも非農業部門雇用者数も予想に届いていないとはいえ、20万を超えているわけですから、悪いとは言えないでしょう。さらに言えば前回分の上方修正もあり、底堅い動きを見せるのも道理ではないかと思えるところです。

ここまでの上昇を背景に一時的な調整場面が見られましたが、ここからダウの引けにかけての動きが注目といったところではないかと思いますが、堅調地合いを維持するといった動きになれば、来週以降にも期待の持てるところになるのではないかと見ています。個人的にはいい数字であっても知ったらしまい、といった展開を見込んでいたのですが、これほど瞬間的な動きで終了という展開は見込んでいませんでした。思った以上に強いといったところでしょう。その意味で今日のダウの引け方は重要と思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |