プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まずは昨日の動きですが、ダウは上昇しての引けとなっています。米国の経済指標が良かったことや、ドラギECB総裁が追加緩和の用意がある、といった発言をしたことが意識されている状況です。リスク志向の動きが強まる中で、株価は堅調地合いとなっています。こうした動きを受けてドル円なども上昇しています。一方、ユーロドルは追加緩和に対する思惑から大きく下落しています。現状でドルに対する買い圧力の強さが意識されているところです。ドルに関しては依然として上値余地があるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限を意識してのバンドウォークを継続しています。バンドの下限は下落基調にあり、さらにバンドウォークを継続する可能性が高まっています。RCIで見ても短期線は高値圏での動きであり、中期線も上昇基調で高値圏に入りそうです。短期線の天井打ちがあるかどうかといったところになっていますが、状況としては依然として買い優勢といったところではないでしょうか。安易な戻り売りは危険な状況が継続しています。一方、ユーロドルはバンドの下限を意識しての動きとなっています。こちらもバンドブレイクからの動きであり、バンドの上限の上昇基調から考えるとさらに下落する可能性が高そうです。バンドウォークが意識されての動きとなっています。RCIで見ると、短期線が下値圏での動きです。中期線も下落基調で下値圏に入りそうです。依然として上値の重い展開が強いられそうです。
スポンサーサイト

コメント

ドラギですね?

ご指摘ありがとうございます。
訂正いたしました。
・・・恥ずかしい、どうしてトリシェ氏が出てきたんだろう?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |