プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まずは昨日の動きですが、米株は小幅な動きで、まちまちでの引けとなっています。週末に雇用統計を控えていることもあり、様子見ムードが意識されています。ダウが小幅に上昇する一方で、NASDAQは小幅に下落しています。東京市場も動きにくい展開となるのではないでしょうか。ただ、為替相場において、ドラギECB総裁に対する批判が各国中銀の中から上がっているといった報道があり、それに伴い金融緩和がスムーズに進むかどうかに対する懸念が出たことを背景にユーロに対する買戻しが起こっています。この動きが継続するかどうかには注目でしょう。反射的にドルに対する売り圧力が強まり、ここまでの上昇もあってドル円も下落する動きとなっています。やや調整色の強まる状況ということが出来そうです。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの上限を意識しての動きとなっています。やや調整が入っているようにも見えますが、バンド幅の拡大基調は維持されており、流れとしては依然として買い優勢であり、さらにバンドウォークする可能性も十分にあるでしょう。バンドの下限の動きに注目してみていくところです。RCIで見ても短期線が高値圏での動きで、中期線は上昇基調となっています。短期線が天井打ちとなってこない限りは売られにくいでしょう。ユーロドルはバンドの下限からの戻り基調となっています。バンドの中心線まで戻せるかどうかに注目です。ただ、バンドの上限が上昇基調から横ばいになっており、これが下落ということになれば中長期的な流れとしては下落トレンドを継続ということになるでしょう。RCIで見ても短期線は下値圏での動きで、底打ちするかどうかに注目が集まるところですが、中期線が下落基調となっていることから、上値の重さが意識されやすい状況ということが出来るでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |