プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ここまでのかなり激しい動きがある意味では今日も続いているということに鳴るでしょうか。今度はダウが大幅上昇といった動きになっています。上昇にせよ、下落にせよ、かなりきつい動きであることは事実であり、乱高下がここからも続くのかどうか、それとも下落局面は終了し、ここから持ち直す動きを見せるのか、注目してみていきたいと思います。

問題は、まずは今日の米国株の引けでしょうか。余程のことがない限りはプラス圏で引けるものと思われますが、上値を大きく削って、といった動きになった場合はやはり警戒感が維持されるでしょう。ここ最近の動きで下ヒゲ、上ヒゲを意識しての仕方ないようにも思っていますが、ある程度は市場の心理に影響をあたえるものと思われます。逆に大陽線といった動きとなれば、取り敢えずは今回の急落に関しても一服、といった思惑が広がる可能性が出てくるでしょう。個人的にはある程度の調整以上にはならないとは見ていますが、それでも引けにかけて上値を削るようでは市場の心理としてはまだもう人はランあってもおかしくない、といった雰囲気になるのではないか、といった警戒感は持っているところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |