プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

香港情勢

香港の情勢がかなり緊迫化しています。香港のトップ行政長官を選ぶ2017年の選挙に民主派が出馬できないということに対する抗議が巻き起こっているわけですが、中国がそうした動きに対して引き下がるとも思えないところです。一国二制度もそろそろ限界でしょうか。ただ、中国としても香港は情報の発信などを考えると、あまり無茶も出来ないのではないか、と思うところもあり、非常に難しい局面ということが出来そうです。

個人的な見方にはなってしまうのですが、中国はメンツを大事にするため、引くことを知らないというところがあるのではないかと思っています。それが今回の件でも出ると、面倒なことになりかねないと思っています。地理的に日本は近いこともあり、影響は避けられないのではないかと思っています。現状ではそれほど大きな動きにはなっていませんが、警戒すべき要因であることは事実かと思っています。

中国の動向は世界経済にとっても重要な意味を持つことが多いので、慎重に見極めていくべきかと思います。個人的にはどうにも面倒なことが起こる可能性が高いのではないかと思います。香港は西側へのパイプもあるので、情報の発信などを巧みに行い、中国と渡りあう可能性が高いように思いますが、そうなると欧米も黙っているわけにいかなくなりますからね。問題がこじれる可能性もありそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |