プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

強いドル

昨日、ルー米財務長官が「強いドルは国益にかなう」といった発言をしました。久しぶりにそういった話を聞きましたが、ここ最近のドル高を受けても堅調な経済に対する自信といったところでしょうか。FOMCや議長の記者会見に合わせるかのような発言に驚く所はあったのですが、取り敢えずドルに対する買い意欲は旺盛といったところではないでしょうか。

こうなってくると、ドルを安易に売るという選択肢はなくなってきているでしょう。個人的には多少戻してきてはいますが、ユーロドルにしても近いうちに上値の重さが意識され、下落といった動きになるのではないかと見ています。ドルの強さが意識される一方で、ユーロの弱さが意識される状況です。ここまで下げてきてはいますが、さらなる下値を見ることも出来るかと思っています。

押し目待ちに押し目なしといった格言もありますが、ここまでかなり上昇してきたドルですが、個人的にはこのままオーナーシュートする可能性もないわけではないと見ています。逆に言えば、そのオーバーシュート後に一気に崩れる、といった可能性もあるかと思います。本当にわかりにくいところではありますが、動きが荒くなる可能性が高いのではないかと見ており、警戒しているところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |