プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

中銀の動き

現状の相場は再び中央銀行の影響が大きくなってきています。ECB理事会でサプライズ的な発表があったこともあるのですが、米雇用統計後の動きはやはりリスク志向の動きが意識されており、FRBによる早期利上げ観測の後退が意識されたというべきものでした。経済指標と反対の動きをすることが多くなるこの状況は今までもよくあったのですが、やはりわかりにくいところではないかと思います。解説はそれほど難しくはないのですが、結果論になってしまい、あまり役に立たないところです。

ただ、現状としては株に関しては上昇、為替に関してはドル高といった方向に進みたいところなのでしょう。株に関してはダウがかなりの水準まで上昇していることを考えると、戻り売りも意識されていますが、個人的には上値余地はあるのではないかと見ています。ダウの20000ドル、というのはさすがにまだまだ難しいところかと思いますが、調整の動きというのを意識しにくいところです。米経済は今回の雇用統計は予想に比べて良くなかったものの、それでも全体的には堅調です。そうした中で、株を積極的に売る材料もなく、ファンドとしても買って攻めたい、という思惑があるのではないかと思っています。今年は特にドル円などに動きがなかったため、なかなか利益を上げることが難しかったと言われていますが、仮にそうであるならば、年末に向けて相場を作ってくる可能性があり、その流れに沿った株高・ドル高というものであれば、ある程度の範囲内であれば経済指標がどうなろうと、あまり関係ないのかもしれません。

さて、株式会社コンシェルジュは現在、キャンペーンを実施中です。ドル円を当てて、1万円分のギフトカードをゲットしよう!!

詳しくは、こちらから!!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |