プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ECB

ECBがまさかの利下げを断行し、ABS購入に向けて動き出しています。個人的には可能性はかなり低いと見ていたので、驚いているところです。ユーロ売りの局面は継続するといった見方は問題なかったのですが、それにしてももう少し様子を見るのではないかと思ったのですが、ECBは思った以上に危機感を強めている、といったところなのでしょう。ウクライナ情勢の影響もありそうですが、かなり先手先手で動いているといった印象を受けるところです。

今回のECBの金融緩和を受けて、ユーロが大きく下落しています。かなりのサプライズであったことを考えると、やむを得ないところではないでしょうか。ユーロ売りが意識される一方で、ドル円は105円を挟んでの動きとなっています。そこまで急激な動きにはなっていません。一方で、スイスフランなどは大きく下げています。ユーロとその周辺国の通貨に売り圧力といった状況でしょうか。ポンド円も目先は押し戻していますが、一時売りに抑えられています。徐々にユーロの独歩安となっていく可能性もあるので注意が必要でしょう。

それにしても、ユーロ圏経済にECBがここまで警戒感を持っているとは、といったところではあります。最近の経済指標は良くなかったですし、ウクライナ情勢も懸念されます。ただ、米経済がここまで改善してくる中での失速ですから、目立つといいますか、多少違和感のあるところではあります。金融引締めと緩和が同時に行われる状況下で、ユーロドルはさらなる下値を目指す可能性が高そうです。

株式会社コンシェルジュはシステムトレード専門サイト「ST-Concierge」を開設いたしました!
有益な情報盛りだくさんでお届けいたします!!
それにあわせて「価格当てキャンペーン」を開催!
無料会員登録をして、1万円のギフトカードをgetしよう!!
詳しくは:https://st.f-concierge.jp/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |