プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

雇用統計を木曜日に控えて、方向感の見えにくい状況となっています。ポンドなどは堅調な動きとなっていますが、それでも動きにくいところではあります。今回の雇用統計も予想は非農業部門雇用者数が+20万超えとなっているところから、楽観的に傾きがちですが、こういった時はネガティブサプライズに反応しやすいことは注意しておいたほうが良さそうです。仮に悪い数字になった場合はリスク回避的な動きが強まりやすいでしょう。

とは言え、個人的にはそこまで悪い数字が出る、といった雰囲気もなさそうです。ADPやISMの結果が極端に悪くならない限りは持ちこたえるのではないかと見ています。また、悪かった場合でも金融政策に対する思惑から下げ渋るということもありえます。その辺りが非常に難しいといいますか、判断に迷うところではあります。そうした中で、中国の指標なども発表されることから、今週は意外とヤマ場となる可能性はありそうです。前半は様子見ムード、後半は乱高下といった展開では、なかなか手がけにくいところではあります。注意して臨みたいところですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |