プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

結局レンジ?

今日はダウが下落しての動きとなっています。ここまでの上昇に対する調整といったところでしょうか。特段大きな材料はなさそうですが、材料の後押しがないと上値を追い切れないといったところなのかもしれません。ただ、下げてくると良い材料がぶつかって持ち直す、といった動きが見られており、積極的には売り込めないところとなっています。いつか来る、いつか来ると思っていても本当に来ない大幅下落です。いつかいつかと言い続けていれば当たるのかもしれませんが、予想する方としてもそれはどうなんだろう、と思わざるをえないところです。

気になるところとしては、やはり米国債利回りの動向でしょうか。ここまで株が強いにもかかわらず上値の重い展開となっています。昨日の入札も堅調にこなしています。債券に対する買い圧力の強さを伺わせる状況です。株価が上昇しているにもかかわらずの動きであるだけに、やや警戒しておきたい状況ではあります。先々に起こる急激なリスク回避の動きの前触れなのか、過剰流動性がもたらしているにすぎないのか、中国などが偶然このタイミングで買いに動いているのか、どれも説得力があるような、ないような説明になってしまいますが、リスク回避の動きの前触れといった可能性がゼロではない以上、警戒するといった程度なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |