プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米中の対立?

Bloombergによると、『中国当局、IBMサーバー撤去を国内銀行に迫る』といった状況となっているようです。商業銀行がIBMのサーバーに依存することで金融に関わる安全性が損なわれているのでは、といったことのようです。これに関しては特になにも言うつもりもありませんが、状況としては面倒な事になっているといったところでしょうか。FTが『中国当局が国有企業に対し、米コンサルティング会社との関係解消を指示』と言ったニュースを流しており、こちらもきな臭い状況となっています。

今回の件に関しては、中国とすれば自国のサーバーにすれば問題ない、といった認識なのでしょうか?このあたりのことは良くはわかりませんが、撤去してしまって本当に大丈夫なのか、逆に心配になります。これによって金融危機が巻き起こるなどといったことはないのでしょうか?

米国が経済を意識してかなり中国に擦り寄っている感じを受けるところではありますが、こういった状況を受けてどうなるのか、注目しておいたほうがいいかもしれません。中国経済に関しては経済指標の信憑性に疑問符がつくところであり、なかなか判断が難しいところではありますが、外交的な問題が生じると話が変わってきます。ウクライナ情勢が不安定化する中で、中国が揺さぶりをかけている可能性もあり、先行きの不透明感が増しているように感じるところではあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |