プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ユーロドルは

ユーロドルはここに来て一気に下落する動きとなっています。1.4ドル達成に失敗し、そこから売り圧力が強まる状況となっています。その一方で、ドル円の動きが殆ど見られない、ということを考えると、ユーロが一方的に売られている、と言ったところでしょう。それに連れてポンドも軟調と言った展開となっています。

特におどろくべきことでもないのかもしれませんが、ここまでのユーロドルの堅調から考えるとやや違和感といいますか、先行きに対する警戒感を抱かせる状況となっています。これがユーロだけの調整にとどまるのか、それとも市場全体、特にダウなどの調整につながっていくのかは注目してみていきたいところではあります。ダウも不気味な堅調地合いを維持しています。これが一気に下落となったらかなりの動きとなることが予想されるところではありますが、取り敢えずは持ちこたえています。ダウに関しては企業業績や米経済指標などを見る限りでは下げる材料がない、と言った話もありますが、個人的には材料などなくても下げる時は下げるし、さらに言えば、今見えていない材料で下げるといったことも考えられます。警戒を怠るべきではないでしょう。ただ、とは言え下値の堅さが意識されているだけに、慌てて売りというのもどうかな、と思うところではあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |