プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円が上値を追う展開となっています。日足のテクニカルで見ればいいところまで上昇しています。バンドの上限であり、先週末に予想した水準を月曜日に到達、といった状況になってしまっています。ここからさらに上値があるのかどうかに注目です。週末の予想ではバンドの上限では抑えられる、といった見方をしていますし、現在もその見方を維持していますが、ここを突破した場合はバンドブレイクからバンドウォークといった動きになる可能性があるので注意が必要となってきそうです。

ブレイクからの動きにならない、という予想の根拠としては、現状のバンドの下限が緩やかながら上昇している事が挙げられます。バンドの上下限・中心線が上昇となるパターンは急激な動きにはなりにくいが、上昇トレンドとなるということと思いますが、その動きにおいてバンドの上限に達した場合は調整の動きになりやすいところです。その上で調整が入った後に再度持ち直して高値を更新する、といった動きになりやすいところです。

緩やかに上昇を続ける、といった動きになる可能性も残ってはいますが、低いのではないかと見ています。ただ、RCIで見ても中長期的な基調はしっかりとしているところです。短期線の動きが見えにくいため、目先の動きがわかりにくいのですが、個人的にはそろそろ一時的な調整の入りやすい水準に来ていると見ています。とは言え、流れは上昇トレンドであり、積極的に売るというよりも、買い玉の利食いと押し目待ち、といったところではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
103,3円で、ひとまず買いのポジションを利益でてる分は決済してみました!あとはひっそり
押し目を狙います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |