プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

まだ今週が終わったわけではありませんが、ここまでリスク志向の動きが意識されて円安が進行するとは思っていませんでした。ドル円に関してはそれでも大幅上昇といった感じでもないのですが、クロス円の戻りがきつい状況です。ダウは現状で100ドル超の上昇となっています。16400ドルを突破しての動きであり、かなり強い買い意欲となっています。

欧州では追加の金融緩和が検討され、その一方で米国はテーパリングを粛々と続けるといった流れとなっています。とは言え、米経済には警戒感が意識されておらず、リスク志向の動きとなっています。VIX指数などをみても低水準での動きが継続しています。ダウに関してはかなり長い間警戒しているのですが、本当に下値の堅さが意識されての動きが続いています。警戒しながらもついていくしかないような状況といったところでしょう。

ドル円に関しても、基本的な流れとしては上値の重さが意識されやすい状況ではあるのですが、ダウの堅調地合いを意識するのであれば買い優勢といった流れとなってくるでしょう。とは言え、テクニカル的にはいつ調整が入ってもおかしくはない所です。その程度がどの程度になるのかが問題にはなってくると思いますが、意外と下げ渋る展開も頭には入れておいたほうがいいでしょう。個人的にはやはり注目はダウであり、これが支えられている限りは世界的には楽観的な見方が維持されるでしょう。NASDAQが厳しい動きとなっていますが、やはりNASDAQでは相場を崩すには至らないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |