プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円は現状で、バンドの下限が多少下落したことでバンドブレイクとならず、といった展開となっています。取り敢えず支えられたことは良かったのですが、想定よりも30pips程度下があったのはちょっと残念なところでもありました。ここからの問題は102円台回復なるかといったところですが、先々の上値は重くなりそうですが、102円に関しては回復するのではないかとみています。

ウクライナ情勢に関してははっきり言ってしまうとよくわからないところであり、考えても仕方ない所もあると思っています。雇用統計も似たような感じで考えていますが、それ以上に突発的に事態が動くところが厳しい所です。いきなりロシア軍が侵攻などといったことがないとは言い切れません。経済制裁に対抗して動く可能性もあるでしょう。欧州サイドからの動きはそれほど大きなものはないのではないかと思っていますが、それでもやはり地理的な近さや加盟問題などを考えると、ある程度は動いてくるものと思われます。そして、それ以上に米国の動きは注目です。米国が口を出してきたことにより問題が複雑化しているようにも見えますが、万が一経済制裁などに本格的に動くようなことになれば、混乱に拍車がかかるでしょう。

それにしてもクリミアの住民投票でロシアへの編入が承認されたわけですが、ここからどういった展開となるのか、予断を許さないところです。裏ではロシアの天然ガスとアメリカの天然ガスの輸出先を巡る争いにも見えなくはないのですが、チキンレースとなった場合は危険でしょう。そこまで悲観しているわけではありませんが、あの辺りは歴史的に見てもきな臭い場所であり、やはり警戒すべきでしょう。ここ最近は大きな戦争も起こっていませんしね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |